TOPへ戻る

取り組み事業

当店では「府内産農林水産物」を使用した新メニュー開発を行い、「食の京都」推進事業に取り組んでいます。「地産地消」を通じた、京都の「食」の魅力向上に日夜努め、お昼と夜の献立には「京都丹波牧場」の京丹波平井牛を用いた、ローストビーフ丼をご提供しています。

京丹波平井牛のローストビーフ丼

「京丹波平井牛の豆知識」

京都の和牛は、延慶3年(1310年)日本最古の和牛書「国牛十図」に「丹波牛」として記されるほど歴史と伝統があります。その歴史ある地で高度な衛生管理のもとに誕生した黒毛和牛が京丹波平井牛です。特徴は、何よりも肉質が艶やかで豊かな風味を帯びていること。その脂は口の中ですべるように溶け込んでいきます。地下150mから汲み上げた美味しい天然水を飲み、成長段階に合わせて与えられた良質の草や穀物によって、ストレスなく育った平井牛は、まさに「肉の宝」です。

地産地消メニュー

ローストビーフ丼が食べられるコース紹介

お昼の献立

  • ローストビーフ丼と
    京野菜コース(7品)

    10,000円(税抜)

夜の献立

  • 12品、
    締めにローストビーフ丼が付きます。

    20,000円(税抜)